ようこそ、フォーラム色川のホームページへ

2012年10月の一枝通信

2012年10月の一枝通信

2012.10.13

みなさま

今日は、NHKのスタジオへ行ってきました。
ラジオ深夜便の、「明日へのことば」という番組の収録でした。
担当の方が何かに目を留めて下さったのでしょうか、
出演のお声かけをして下さったのです。
「チベットと、被災地の事を話して」というご依頼が、
9月の初旬にありました。
私の中では、チベットと被災地は別々の事柄ではなく、
根っこに通底している問題があると思えています。
それで、喜んでお受けしました。
その後一度打ち合せがあって、
先日のトークの会「福島の声を聞こう」にも担当の方がおいで下さいました。
そして今日の収録でした。

現在チベットは、本当に酷い状況に置かれています。
6月から7月にかけて行ってきましたが、”格子なき牢獄”でした。
ラサでは、たった800mほどの環状路のバルコルには
7カ所の交番と10カ所の監視所が設けられ、
武警や特警が待機していました。
バルコルに通じる8本の小道では、
入口に空港並みのセキュリティチェックを受けないとバルコルに入れません。

チベット人は居住証明書のある地から他所へは行けず、
巡礼に出る事も遠くの友人を訪ねる事も出来ません。
移動の自由が無いのです。
監視社会の中で思うことを言う自由もなく、
宗教行事も禁じられ(あるいは逆に観光客集めのために強制され)て、
言葉も文化も否定される中で、
‘09年から、抗議行動としての焼身が続いています。

収録では、そんなチベットの現在を話すことが出来ました。
番組の中でチベットの音楽を一曲流せるという事でしたから、
チベットでは発禁歌になっている曲をと思ったのですが、
これは叶いませんでした。
シェルテンの♪手をつなごう(団結しよう)♪か、♪ニダカルスム(月よ、星よ、太陽よ)♪を、と思ったのですが叶いませんでした。
それで、ちょっと古い曲ですが、
ダドゥンの♪リュォ・チョモランマ♪を流してもらいました。

文革が終わって’80年代後半になってようやく、
チベット語で歌う流行歌が生まれましたが、
ダドゥンはそうしたチベッタンポップスを歌う先駆けだった女性です。
彼女の歌も禁じられ、そして彼女は亡命しました。
数年前に公開された映画『風の馬』で、主役を演じていたのもダドゥンです。
その後、特に’08年以降は
いっそう多くの歌手がチベット人の願いと祈りを歌に託し、
歌による抵抗と抗議を続けています。
いくつもの歌が発禁処分になり、何人もの歌手が拘束されました。

番組の放送は10月22日(月)23日(火)、
いずれも早朝の4;05〜4;45です。
NHKラジオ深夜便、「明日へのことば」です。
もしも、早起きが苦手でなければ、聞いて頂けたら嬉しいです。

収録を済ませて、新幹線で福島に来ています。
明日朝のバス(6;30発)で、南相馬へ向かいます。
明日はみなさまからご協力を頂いた、”床屋&ネイルサロン”です。
その様子をご報告できる事を楽しみにしています。                   いちえ

a:2229 t:1 y:0

2012.10.16

みなさま

ご報告が遅れました。
パソコン持参で現地入りしているのですが、
「パスワードを入れてください」の表示が出て、
以前使っていたパスワードを入れてしまったら
「不審な誰かがアクセスしようとしています」となり、
なかなかリセットできずにようやく4時間ほど前にリセットできました。
アカウントとパスワードって、銀行の通帳と印鑑のような関係なのだと思い知りました。あるいはカードと暗証番号のような。
そんなわけで、報告が大変遅くなりました。

13日、天気は上々。
鹿島区にある長沼仮設住宅の駐車場で
、喜多方ラーメンの炊き出し隊は朝8時から準備にかかっていました。
彼らは前夜に六角の台所でチャーシューを煮込んでいたそうです。
床屋&ネイルサロンも9時には仮設の集会所で準備を始めました。
炊き出しも床屋&ネイルサロンも11時開始としていたのですが、
10時過ぎには駐車場には早くも行列ができ、
集会所の床屋&ネイルサロンにも予約したい人が名前を書いて行きました。

集会所の畳の小部屋にブルーシートを敷き、椅子を用意して床屋の準備。
大部屋の方には長テーブルを2台並べ、
テーブル場にはバスタオルを肘乗せマットのように用意しました。
今回は床屋さんは長野県から来てくださった理容師の吉田廣子さん、
そしてアシスタント役の大塚美智子さんの二人が担当しました。

ネイルサロンは五人です。
東京から林恵子さん、吉井みいさん、
清水まゆみさんの3人がハンドマッサージと胡粉ネイル
(ホタテ貝の粉を原料にしたマニキュア)。
仙台からの佐藤典さんと登米からの横岡史さんのネイリストのお二人がマニキュア。
私は、ネイルサロンの受付係をしました。

ヘアーカットもネイルサロンも次から次へと希望者が続いて、
11時から4時まで、担当してくださった方達は休憩もなく
ずっと手を動かし続けでした。
ヘアーカットは37人。
バリカン無しでハサミによるカットで、
襟足を刷るのもすべてを吉田さんが一人でされたのです。
ネイルサロンはハンドマッサージとネイリスとによるマニキュアを
両方を希望された方も多かったのですが、
延べ人数にすると150人にもなりました。
4時過ぎてもまだ希望する方がいらっしゃいましたが、
申し訳ないですがとお断りをしました。
集会所を借りてのイベントなので、
片付けや掃除の時間も必要な事でしたから、時間通りに終えました。

「見て!この頭。今カットしてもらってきたの」と、
わざわざ帽子を脱いで、ラーメンの順を待って並ぶ人たちに
自慢げに話していたおばあさんの、嬉しそうな顔!
本当に皆さんさっぱりして気持ち良さそうでした。
「髪切ってもらったら、肩まで軽くなりました」の声もありました。

ネイルサロンでは、ボランティアに腕を預けてハンドマッサージを受けながら、
問わず語りに被災した時の状況や今の暮しや気持ちを話してくださる姿からは、
「手当」という言葉を思いました。
被災前には複数世帯で暮らしていた方達も、
仮設住宅では老夫婦のみとか独居の方もいます。
ハンドマッサージは、肌で感じる癒しでもあったことでしょう。

マニキュアは、大人気でした。
介助無しでは一人で歩けない白髪の80代後半のおばあさんも、
ハンドマッサージよりもマニキュアをと希望されて
丁寧にヤスリで爪の形を整えた後で、
極々薄い透明に近いマニキュアを塗ってもらって、嬉しそうでした。
マニキュアの色もたくさん用意されて、希望する色を自分で選べます。
生まれて初めてマニキュアを塗ったという人も何人もいましたが、
その方達は薄い色や透明を選ぶ事が多かったですが、
艶やかにきれいになった爪を、
かざして乾かしながら晴れやかな笑顔でした。
マニキュアに慣れている人も、
ここでの暮しではきっとそんな余裕もなかったのでしょう。

この日は久しぶりにおしゃれを楽しんで、
爪の先と根元の方とを二色に塗り分けてもらったり、
先の方にはきらきらと刷るラメを塗ってもらったり、
本当に嬉しそうでした。
私も、とても興味深く横岡さんや佐藤さんの手から、
爪の芸術が生まれるのを見物していました。
もしも時間があったら、私もやってもらいたいと思った事でした。
「どんなにお化粧しても自分の顔は鏡を見なければ、見えません。
でも、マニキュアは自分でいつでもみることが出来ますから、
爪をきれいにしていると、それだけで心が晴れるんですよ」
佐藤さんだったでしょうか、横岡さんだったでしょうか、
その言葉がとても胸に響きました。
胡粉ネイルをした人にも、マニキュアをした人にも、
コットンに湿した除光液を小さなジップロックに入れてお渡ししました。

炊き出しはなんと用意した1000食分、すべて出たようです!
一時間で300食も出したそうで、
代表の中原さんは「これまでは頑張っても一時間に200食でした。
今回は記録を作りました!」と言ってました。
駐車場に臨時の厨房を仕立てての事でしたから、
普段とはまったく条件の異なるところでのお仕事だったのに門外漢の私でも、
それは金メダル並みの記録だと思いました。
喜多方ラーメン各店舗からの皆さんで、
息を合わせてのラーメン炊き出しでした。
床屋&ネイルサロンボランティアの方達も私も、
交代で炊き出しの喜多方ラーメンをお昼に頂きました。
おいしかったです。
                                

床屋&ネイルサロンをやって、本当によかったと思いました。
これも、皆様のご協力のお陰です。
また現地ボランティアグループの六角支援隊がなければ、実現不可能な事でした。
ありがとうございました。
また第2弾をやりたいと思います。
その時には改めてお知らせいたします。ありがとうございました。               いちえ

a:2229 t:1 y:0

10月23日

みなさま

★情けなくて……。
昨日と今日と2日間、早朝のNHKラジオ深夜便
「あすへの言葉」に出演しました。
一番言いたかったことを言っていなかったと、
放送を聞いて気付き、我が身が情けないです。
チベットと被災地に繫がる思いということで、
「自然よりも経済、いのちよりもお金、
欲を優先する社会とその犠牲となっている現地』ということを言いたかったのに……。
文章は外に出る前に何度か読み返して訂正や加筆、
削除も出来ますが、話はそうはいきません。
つくづく私は、話すのに向いていないと、自分が情けなくなりました。
せめて、「一枝通信」読んでくださる方には、
一番言いたかった事をお伝えしたいです。

チベットが中国に組み込まれてしまった事、
そして2000年以降の“西部大開発”は、
一部の利益のために自然破壊や、少数民族の暮しや文化をないがしろに、
ローラーで押しつぶすように壊しながら、
つきすすんできた道程です。
原子力発電も、まったく同じ図式だと思います。
その事にしっかり言及していなかった事が、
我ながら情けないです。
番組で話したように、私自身はチベットや、
被災地の方達から教えられる事、気付かされる事が多々あります。
でも、それは私個人の事。
公的な場で発言する時には、
事の本質だと私自身が思う事を発言すべきでした。
大きな反省です。

★お知らせ
映画『シェーナウの想い』上映&広瀬隆さん講演会
日時;12月1日(土)13;30〜16;30(開場は13;00)
場所;カタログハウス講座室ホール
参加費;1000円(当日受付にて支払い)
主催;戦争への道は歩かない!声を上げよう女の会

2008年にドイツで制作された映画『シェーナウの想い』の上映と併せて、
広瀬隆さんの講演会を開きます。
26年前のチェルノブイリ原発事故の後、
現場から遠く離れたドイツのシェーナウ市にも放射能は飛びました。
シェーナウの人々は原発事故から子どもたちを守るために
原発の電気を使わない生活を選び、「シェーナウ電力会社」を作って、
エコ電力をドイツ国内に提供しています。その映像記録です。

広瀬さんは、医療・技術関係の翻訳を通して、
日本の公害、原発問題に関心を持つようになりました。
そして原発に対して警鐘を鳴らし続けてきましたが、
福島第一原発事故後は以前にも増して活発に発言しています。
2010年に発刊された『原子炉時限爆弾 
大地震におびえる日本列島』は、
まるで一年後の2011年3月を予告したようでさえもあります。

著者は多数ありますが、近著は下記です。
『福島原発メルトダウン』(朝日新書)、
『原発の闇を暴く』(集英社新書)

友人たちと立ち上げた”戦争への道は歩かない!
声を上げよう女の会”で主催します。
たくさんの方に見て頂きたい、聞いて頂きたい、映画と講演です。
どうぞ、お誘い合わせて、ご参加下さい。
                        いちえ

a:2229 t:1 y:0

2012.10.24

みなさま

毎週金曜日の「原発止めて!」の官邸包囲デモは、今も続いています。
政府は、私たちの声をないがしろに、大飯原発再稼働させ、大間原発建設許可を出しました。
中国電力は上関原発を、何としても建設したい考えです。
福島第一原発が依然として危機的状況にありながら、このような決定を下しているのです。
「原発いらない」の私たちの声に、政府も、電力会社も、経済界も、必死に巻き返しにかかっています。
今こそ「原発なくせ!」「再処理止めろ!」の私たちの声を一層強く、国会、官邸に届けましょう。

11月11日首相官邸前、国会議事堂周辺、永田町・霞ヶ関一帯を
「原発いらない」の人垣で埋めましょう!
私も参加します。
私はこれまでも出来る限り参加してきましたが、
10月になってから参加者が少し減ってきています。
全国各地で呼応して開かれるようになった事もあるのでしょうが、
11月11日は全国へ呼びかけています。
どうぞ、ご一緒に参加しませんか!共に声をあげましょう!!
チラシを添付いたします。 

下のダウンロードボタンをクリックして詳細をご確認ください!


                    いちえ

a:2229 t:1 y:0

2012.10.27

みなさま

大変遅くなりましたが10月13日の”床屋&ネイルサロン”の会計報告です。

収入の部
 活動支援金として27名の方から
計 225,200円 ありがとうございます。

支出の部
交通費75,040円(新幹線&バス代および自家用車組の通行料&ガソリン代)
宿泊費および食事代 15,868円 
消毒液など雑費   2,554円

支出合計 93,462円
225,200ー93,462=131,738円

ご協力をありがとうございました。
支援金をお送りくださった方で、
お名前、ご連絡先が判らない方が数名おいでです。
きちんとお礼をお伝えできませんが、
この場を借りて御礼申し上げます。
ありがとうございました。

第2弾を1月に催す予定で居ますので、
残金はその時にまた使わせて頂きます。
次回もまた、喜多方ラーメン炊き出しと併せて行う予定です。
詳細決まりましたら、またお知らせいたします。             いちえ

a:2229 t:1 y:0

2012.10.31

みなさま

★お願い
友人のシンガーソングライター&コカリナ奏者の黒坂黒太郎さんから、
「陸前高田千本松コカリナプロジェクト」に関しての通信が届きました。
********************************************
〜陸前高田千本松コカリナプロジェクト〜
被災地は今、一番シンドイ時、今こそご支援を!
陸前高田の小学生全員(約1000人)に
千本松原の松でできたコカリナをプレゼントする
プレゼンターになっていただけませんか?

2013年3月、再建された「一本松」の前で千本松のコカリナを
子ども達と吹き被災地を励ましましょう
東日本大震災により岩手県陸前高田市は壊滅に近い被害を受けました。
町の誇りであった名勝千本松原は「奇跡の一本松」を残し、
すべて流されました。
私たちは今年4月、「奇跡の一本松」の前、
およびその近くの米崎小学校で石巻被災松コカリナのコンサートを
やらせていただきました。その時子どもたちに
「コカリナやってみたい?」と聞くと大勢の子どもたちが
「やってみたい」と答えてくれました。
その声に押され、「一本松の兄弟松」でコカリナを作って
子どもたちに贈る計画が立ち上がりました。
陸前高田の小学生全員約1000名にコカリナをプレゼントし、
1000本のコカリナを1000人の子どもたちが演奏したら、
あの千本松原を音として復活させることができ、
陸前高田の皆さんに大きな励ましを与える事ができるのでは、
とかんがえました。
*********************************************

黒坂さんはパートナーの周美さん(シンガー)と共に、
震災一ヶ月後から被災地支援コンサートを始めて、
そのコンサートも現在76回になっています。
また、毎月、被災地にも通い続けています。
9月に黒坂さんから届いた新譜CDには、
石巻の門脇小学校前の被災松から作ったコカリナでの演奏も収録されていました。

澄んだきれいな音色で、私の大好きなカザルスの♪鳥の歌♪も!
上に黒坂さんからのメッセージを載せましたが、
コカリナを受け取った米崎小学校の子どもから黒坂さん宛に届いた礼状を、
下にご紹介します。

*********************************************
黒坂先生へ
 今日はわざわざおこしくださりありがとうございました。
 ぼくは、コカリナという楽器をいただきました。
ぼくは、コカリナという楽器を初めて見ました。
それも、千本の松から、作ったコカリナの音は、きれいでした。
ぼくは、千本の松で作ったコカリナの音をきいてびっくりしました。
なんでかというと、陸前高田市と高田松原を、
思いだすからです。
ぼくが、コカリナをふいてみると、すこしむずかしかったです。
 黒坂先生このような授業をひらいていただきありがとうございました。
 「本当にありがとうございました。」
 コカリナは、大切にしたいと思います。
 「ありがとうございました。」
***********************************************

以下プレゼンター(贈り主)募集要綱です
●プレゼント方法
一口(12,000円)からお申し込み頂けます。
一口で、2本(2名分)のコカリナを子どもたちにプレゼントできます。
お一人様、何口でもお申し込み頂けます。また、複数の方で一口でも結構です。
●第1期締め切りは、2012年11月30日です。
●メッセージをお願いします。
ご協力頂けるコカリナの本数に応じて、
みなさまにメッセージを書いて頂きたいと思います。

お振り込み頂きました方に、
「メッセージを書いて頂くにあたってのお願い」を郵送させて頂きますので、
そちらをご確認の上、皆様のメッセージを日本コカリナ協会までお送りください。
(はがき大の大きさの紙に書いて頂く予定です)
このメッセージをコカリナに同封して子どもたちに届けたいと思います。

●コカリナプレゼンターになって頂ける方は、
郵便局から下記口座に直接支援金をお振り込み頂くか、
日本コカリナ協会までお申し込み下さい。直接お振り込み頂ける方は、
振り込み用紙に、「お名前」「ご住所」「電話番号」と共に、
備考欄に「何口」ご協力頂けるかご記載下さい。

記載例;コカリナプレゼンター  3口(36,000円)
☆郵便振り込み口座名;日本コカリナ協会震災支援音楽プロジェクト
口座番号;00100−8−708197

●プレゼンターになって頂いた方には
☆「奇跡の一本松」の焼き印が入った陸前高田千本松コカリナ
(制作予定;ソプラノ・バリトン・C管バス)
の販売を優先的にご案内させていただきます。
なお、材料に限りがありますので
購入本数に制限をつけさせて頂く場合もございますので、
ご了承下さい。納期については、
子どもたちにプレゼントするコカリナの製作が
終了してからになりますので、来年の2月あたりを予定しています。
☆千本松でつくったささやかなペンダントトップを差し上げます。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。
NPO法人日本コカリナ協会 
TEL 03−5626−1574 FAX03−5626−1568
〒136−0072 東京都江東区大島5−34−17−202

★お知らせ
まだ少し先ですが、渡辺一枝トークの会「福島の声を聞こう vol.4」を催します。
日時;12月15日(土)午後3時〜(開場は2;30PM)
場所;セッションハウス・ガーデン(東京都新宿区矢来町158 二階)
参加費;1500円(参加費は被災知恵の基金とさせて頂きます)
申し込み受付;11月26日(月)午前10時〜
会場の定員がありますので、下記電話にてご予約下さい。
お名前、電話番号をお伝え下さい。
主催・お問い合わせ;セッションハウス企画室
電話;03−3266−0461
E-mail:mail@session-house.net
http://www.session-house.net

下記のダウンロードボタンから詳細をご覧下さい。

4回目になる「福島の声を聞こう」ゲストスピーカーは、木村紀夫さんです。
木村さんは、事故を起こした福島原発1号機から
4号機が立地する大熊町から避難して、長女の舞雪ちゃんと二人で、
長野県の白馬で暮らしています。木村さんの心からの叫びを、
たくさんの方にきいて頂きたいと思います。
チラシを添付いたします。

上記お願いにあります、黒坂さん夫妻のコンサート&渡辺一枝トークを、
来年2月1日に予定しています。
来年のことを言うと鬼が笑うそうですから、
詳しくはまた追ってご案内します。
私は、明日から南相馬へ行ってきます。
環境学者の関口鉄夫さんが仮設住宅の方達に、
お話をするので、参加される方達へのお茶の接待です。 いちえ

a:2229 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional