ようこそ、フォーラム色川のホームページへ

2015.2.15

2015.2.15

『たぁくらたぁ』最新号
信州発産直泥つきマガジン『たぁくらたぁ』35号、発売中です。
最新号もどの記事も中身が濃く、読み応えある内容です。
目次を下に記します。

たぁくらたぁ第35号もくじ 2015年春
巻頭言 黙らないこと、言い続けること…野澤喜代

★特集 3・11から5年目の福島
●〈対談〉津波と捜索と、原発事故…木村紀夫×上野敬幸
●大熊町への一時同行ツァーを行います…木村紀夫
謝れ、償え、かえせ ふるさと 飯舘村

●なぜ原発ADRなのか…菅野 哲
●ばあちゃんが子供たちに伝える原発事故…菅野栄子
●帰還困難区域をとおる国道6号…野池元基
●指定廃棄物の処理施設とアセスの実像 国を信頼することの危うさ…関口鉄夫

★地球から考えたリニアと伊那谷…久保田雄大
★沖縄は屈しない 知事選で結集した「オール沖縄」…浅井大希
★アイヌ刺繍 一本の縄から始まる…小池つね子
★信州のフードバンク「山谷農場」
●収穫感謝祭に参加して…戸崎公恵
●食糧支援をなぜ続けるのか…藤田 寛

★チベット、聖山巡礼から見えてくること…渡辺一枝
★フリーマーケットで交流 
 ●お祭りをやりたい…竹内淳子
 ●パン屋と「市」…竹内正和
★連載
●アートハウスは交差点10…櫻井京子
●食つれづれ 第八話…小澤尚子
●記憶のかたほとり―『アラヤシキの住人たち』から
…写真:本橋成一/文:村石 保
●石油文明から太陽文明へ 31…岡本一道
●バクの寝言 其の二十二…森 貘郎
●気になるコトバ 17…安部憲文★編集後記

『たぁくらたぁ』は、1冊500円です。
お近くの書店、またはオフィスエムへご注文下さい。
オフィスエム:Tel 026-219-2470
Fax 026-219-2472
e-mail:order@o-emu.net

定期購読は1期(4回分) 購読料2,400円(送料込み)です。
WEB版たぁくらたぁ http://o-emu.net/tarkuratar/ 

◉トークの会「福島の声を聞こう!vol.14」

今回のゲストスピーカーは、上記の『たぁくらたぁ』にも記事を書かれている、
環境学者の関口鉄夫さんです。

関口さんの話を、多くの方にぜひ聞いていただきたいと思っています。
チラシを添付致します。
お申し込み受付は、明日16日(月)からです。
みなさまのご参加をお待ちしています。      

いちえ

a:958 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional